• 当日配送
  • 無梱包配送

当店のオプションサービス
  • 立札について
  • ラッピングについて
  • 領収書
ランキング
営業カレンダー
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
定休日となります。
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

土・日・祝日はお休みをいただいております。
※ご注文は常時承っております。

営業時間:月〜金曜日
9:00〜12:00/
13:00〜17:00
※12〜13時、土・日・祝日はお休みです。

モバイルサイト


http://www.kochoran-shop.jp/

炭専門店炭火人

レトルト専門店れとぱら

水専門店ミスターウォーター

魔法の調味料スモークキッチン

 

胡蝶蘭に関するコラム

Vol.002 胡蝶蘭の育て方 〜温度と湿度管理〜

◆最も最適と言える温度とは?温度
胡蝶蘭に限らず、一般のお花が喜ぶ温度があります。それが『18℃〜25℃』です。
常に、この温度を保っていることが胡蝶蘭を育てる最適な状態と言えます。

また、高低差でギリギリ耐えられるのが『18℃〜32℃以下』の温度です。この温度では胡蝶蘭ですと、ちょっと弱ってしまいます。

お花が咲いているときは温度が低い方『18℃〜25℃』を保ち続けられれば、長くお花を楽しむ事ができます。
また、温度が高ければ高いほど、開花している時間が短くなるいわゆる老化現象が起こるきっかけになります。

一言コメント

※1日の温度変化が少ない場所=玄関などが最適と呼ばれる理由のひとつです。

 

◆お花が暮らしやすい湿度とは?湿度
実は、日本の気候であればほとんど調節する必要はありません。
ただし、冬場の暖房が効きすぎている室内では、乾燥しすぎて花が痛んでしまうこともあります。
理想は、湿度を40%に保つことです。

一言コメント

※加湿器などで湿度を調整される場合は、お花に直接当たらないようにしましょう。直接あたるとお花が痛む原因となります。